妊娠線ができやすい人とは?どのような人かを知り対策をしました

体重増加で急激な体型の変化

そして妊娠中の体重増加が大きい人です。
体重が大きく増加すると体型もそれに伴って急激に変化するケースが多いようです。
すると皮膚も急激に引き伸ばされることになるので、耐えきれなくなってひび割れ、妊娠線ができてしまう可能性があるということです。
急激に体重が増加しないように適切に体重管理を行う必要があります。
私はこの特徴にいくつか当てはまっていて、絶対に妊娠線を作りたくないので、そのための予防対策を行うことにしました。
まず私が行ったことは予防クリームでスキンケアを行うことです。
マタニティ用品の専門店に行ってみると、妊娠線を予防する成分が入っているクリームが販売されていました。
予防クリームには保湿成分はもちろんのこと、皮膚を柔らかくしたり弾力性を高める成分が入っています。
妊娠中は香りに敏感になることがあったり、肌質が普段とは変わることもあるので、実際にお店に出向いて自分の好みの香りや体質に合ったものを選びました。
そしてボディオイルなどを使いマッサージをすることも心がけました。
マッサージをして肌をほぐした上で、柔軟性を保つことが重要だと知ったからです。
マッサージをする際にボディオイルやクリームなどを使うことで、摩擦が減り保湿にもなりました。
肌に優しいものを選び、出産後のことも考えてベビーオイルのような赤ちゃんに使えるものを選びました。

乾燥肌は潤い不足で弾力性がない体重増加で急激な体型の変化適切な体重管理と肌の柔軟性を保つ

https://nochttps://nocor.jp/or.jp/ : 肉割れ・妊娠線専門のノコア