妊娠線ができやすい人とは?どのような人かを知り対策をしました

乾燥肌は潤い不足で弾力性がない

私は今から5年ほど前に妊娠したのですが、嬉しくてたくさんの関連書籍を読んでいました。
その時にお腹が大きくなるにつれて妊娠線ができる可能性があるということを知ったのです。
妊娠線とは皮膚の内側の脂肪や皮下組織が肉割れを起こしたものであり、万が一妊娠線ができてしまった場合には、完全に消しことは難しいということです。
お腹にできるものだと思っている人が多いですが、腰の周りやお尻と太ももや胸など、体の様々な部分にできる可能性があるということでした。
これを見て私は絶対に妊娠線を作りたくないと強く願ったのです。
妊娠線は実は出来やすい人の特徴があるようで、私はまずその特徴に当てはまっているかどうかを確認してみました。
妊娠線ができやすい人とは?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、まず第一に乾燥肌である人が挙げられます。
乾燥肌の人は肌の潤いが足りないことから弾力性がない状態です。
お腹が大きくなるにつれて引き伸ばされた時に皮下組織がひび割れて、妊娠線になりやすい状態だということです。
そして痩せている人や小柄な人も、当てはまるということでした。
妊娠前から痩せていたり小柄な人は、体を覆う皮膚に余裕がありません。
お腹が大きくなるにつれてどんどん皮膚が引き伸ばされることになるということです。
体型を変えることは難しいため、皮膚が引き伸ばされる際に皮下組織がひび割れないようにこまめにケアを行わなければなりません。

#妊娠線

妊娠線ができやすい人は、瘦せ型の人や高齢出産の人、すでに出産経験のある人などです。


すべての人に共通しているのは、肌が乾燥していることです!

妊娠しホルモンの影響でコラーゲンが作られにくくなっていることもあり、妊婦さんの肌は通常よりも乾燥しやすくなっているんです。

— ケイト★猫背線消えました!! (@oreno_nekozesen) August 26, 2020

乾燥肌は潤い不足で弾力性がない体重増加で急激な体型の変化適切な体重管理と肌の柔軟性を保つ