妊娠線ができやすい人とは?どのような人かを知り対策をしました

適切な体重管理と肌の柔軟性を保つ

乾燥肌は潤い不足で弾力性がない体重増加で急激な体型の変化適切な体重管理と肌の柔軟性を保つ

そして何よりも適切に体重管理を行いました。
急激な体型の変化により妊娠線ができやすいということだったので、出来る限り体重の増えすぎを防ぐことを心がけたのです。
とはいえ体重が増加するということは、赤ちゃんが順調に育っているということの証でもあるため、無理なダイエットは絶対にやりませんでした。
特に6ヶ月を過ぎると体重の増加が大きく見られたので、その時にはお医者さんに相談して、食事管理の方法などを学びました。
このようにして私は最終的に妊娠線を作ることはありませんでした。
一度できてしまうと消すのは難しいと言われているので、上手にケアができてよかったです。
もしこれからまた妊娠するようなことがあった場合には、判明した時点で早い段階で予防対策を始めていきたいと思います。